【今すぐ使える!】電話で体調不良で会社を休むと失敗せずに伝えるマニュアル

こんにちは、ユウです。

 

今日は誰もが一度は考えたことがある、

「体調不良で休みたい…」という願いを叶えるためのマニュアルを紹介します。

体調不良で会社を休みたい

本当に体調不良かどうかは別として、

何だか起きてから会社へ行きたくない時ってありますよね?

 

「休みたい」

「でも病気かどうか分からないし…」

 

特に日本では休む時に、

何か明確な理由がなければ休んではいけないという風潮があると感じています。

 

有給を使うことにも意識を巡らせることがありますし、

本当に休みにくい国だなと感じています。

 

そこで今回は体調不良で会社を休みたい時、

失敗せずに休むことができるためのマニュアルを公開します。

 

なお本当に体調不良でなくても、

体調不良を理由に会社を休むための方法も合わせてお伝えします。

※いわゆるズル休みですね。

 

必ず始業前に電話する

スポンサードリンク

電話で連絡する上で必須といえるのは、

「必ず始業前に連絡すること」です。

 

始業時にあなたがいなければ、

どう考えても同僚はあなたのことを気にします。

 

よほどの緊急事態でなければ、

休む際も始業前に伝えるのがマナーと言えます。

 

始業後に伝えてしまった場合、

たとえ体調不良で休めたとしても、

あなたの印象を悪くしてしまうことがあるので、

注意が必要だといえます。

 

また社風によるところもありますが、

基本的にはメールで伝えるのもNGです。

 

休むなら丁寧に連絡することで、

あなたの印象が悪くならずにすみます。

 

また休む際も、そして休み明けも、

必ず所属長へ報告する様にしてください。

 

一番偉い人が状況を把握できていること。

これが安心感と信頼につながります。

 

「体調不良で…」とは言わない

スポンサードリンク

そして電話での伝え方ですが、

「体調不良で」とは絶対に言わないで下さい。

 

私達人間は、あいまいな言葉であればある程、

「具体的にはどういうこと?」と聞きたくなります。

 

「北の方に行く」と伝えられるのと、

「北海道に行く」と伝えられるのは、

聞く側としてはどちらが安心するでしょうか?

 

・・・はい、北海道の方ですよね。

 

漠然としてるほど聞く側も疑問が浮かびますし、

会社を休む場合は特に不信感が生まれることもあります。

 

実際は「体調不良」になるのですが、

伝える際は具体的な症状を伝えてください。

 

オススメの症状

ここで伝えるオススメの症状は、

「腹痛」です。

 

「腹痛で立ち上がることもできない」と言われれば、

さすがに「這ってでも来い」とは言われませんよね。

 

また腹痛を経験したことがない人はいません。

理解を示してくれやすい症状とも言えます。

 

「風邪を引いた」

「熱を出した」

 

これらの症状でも良いのですが、

「病院に行って来い」と言われる可能性もあります。

 

腹痛に比べたら、これらの症状は病院へ行けるものだと

一般的には認識されています。

 

さすがにそこまで厳しくないでしょうが、

休み明けに病院へ行ったか確認を求められるかもしれません。

 

当たり前に報告する

意外と忘れがちですが、

体調不良で休むことは当たり前の様に報告してください。

 

「体調不良で休むのは何か悪い…」

「そもそもズル休みだし…」

 

あなたにこうした意識があると、

電話中に思わぬところからボロが出ることもあります。

 

もちろん、多少の申し訳なさはあって良いと思います。

ですが休むことは悪いことではないので、

休む前提で電話をする様にしてください。

 

「休めるかな…」という意識があると、

意外なところからボロが出る可能性もありますからね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ