【過去の受賞者から分析!】レコード大賞2017を大予想

こんにちは、ユウです。

 

年末の風物詩。レコード大賞。

31日ではなく30日開催にしてから、

視聴率も上昇し注目度もアップしました。

 

31日だと音楽番組なら紅白もありますし、

観る側は興味をそそられないですし、

出演する側も移動で大変でしたからね。

 

しかもTBSなら31日未明からカウントダウンTVの年越し放送があるので、

同じ日に音楽番組をぶつける必要性もないですからね。

 

私もレコード対象自体は楽しみに観ていますが、

気になるのが賞レース。

 

過去の受賞アーティストを振り返りながら、

2017年の受賞アーティストを予想していきます。

 

レコード大賞2017を大予想

スポンサードリンク

まず、実はレコード大賞の受賞者は、

やる前から既に決まっているのではないか…ともっぱらの噂です。

 

レコード大賞を受賞することで、

アーティストにとっても箔がつきます。

事務所も躍起になって大賞を受賞させようと猛プッシュしている様です。

 

ただ最近はレコード大賞を受賞したからといって、

一般的には「おぉ、すごい!」という反応もそこまでないので、

どこまでの効果があるのかは個人的に疑問です。

 

あくまでメディアの中だけで、

大賞受賞アーティストが優遇されているのかもしれませんね。

 

 

実際、内部からも「出来レースだ」と指摘する声が挙がっているとは、

一部報道でもなされていますよね。

 

 

本当のところはよくわからないのですが、

まずは過去15年間の大賞受賞アーティストを振り返ってみます。

 
★過去15年間の受賞アーティスト★
2002年→浜崎あゆみ(エイベックス)

2003年→浜崎あゆみ(エイベックス)

2004年→Mr.children(トイズファクトリー)

2005年→倖田來未(rhythm zone)

2006年→氷川きよし(コロムビア)

2007年→コブクロ(ワーナーミュージック)

2008年→EXILE(rhythm zone)

2009年→EXILE(rhythm zone)

2010年→EXILE(rhythm zone)

2011年→AKB48(キングレコード)

2012年→AKB48(キングレコード)

2013年→EXILE(rhythm zone)

2014年→三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE (rhythm zone)

2015年→三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE (rhythm zone)

2016年→西野カナ

 

 

こうしてみると、2008年〜2105年にかけては、

EXILEグループかAKB48しか受賞していないのです。

 

今年はAKBグループが受賞するか?

スポンサードリンク

では今年の大賞受賞候補者となる、

優秀作品賞を受賞しているアーティストを紹介します。

 

乃木坂46

三浦大知

氷川きよし

三山ひろし

欅坂46

AI

西野カナ

AKB48

AAA

SEKAI NO OWARI

 

こうしてみると、EXILEグループは1曲もノミネートされていませんね。

そう考えると、AKBグループ受賞の確率も高まります。

 

ただしここで注目すべきなのは、

AKBグループから3組が選出されている点。

AKB48だけでなく、乃木坂46と欅坂46も選出されているのです。

 

そう考えると、どこのグループに受賞させるのか。

しかも乃木坂はAKBのライバル的な位置づけですし、

レコード大賞を通して関係性をさらに煽るのでしょうか?

 

AAAも有力候補!

 

 

AKBグループが3組も選出されているため、

どのグループを大賞に選出したら良いのか。

もし選考するとしても、ここで揉めることは見えています。

 

 

そこで昨年からの流れを思い出して下さい。

 

昨年受賞した西野カナさんは、

何年もずっと優秀作品賞を受賞していました。

 

その流れを踏まえると、

2011年から毎年優秀作品賞にノミネートされているAAAは、

いよいよ大賞を受賞する可能性が高まっていると言えます。

 

何より視聴者側としては様々なアーティストが受賞していることで、

観る側としても面白さを感じますよね。

 

AAAの一般的な知名度も高まっていますし、

十分に受賞の可能性があると思います。

 

最優秀新人賞は誰の手に?

 

 

そしてもう1つ注目なのが最優秀新人賞。

この賞は一生に一度しか取れません。

 

今年新人賞にノミネートされているのは以下の4組です。

 

つばきファクトリー

中澤卓也

NOBU

UNIONE

 

まだ私自身も聞いた事がないアーティストの方もいますが、

最優秀新人賞を受賞すれば、一気に知名度がアップします。

 

お茶の間の知名度がアップするので、

「あの人、レコード大賞に出てたな」と記憶に残りやすいのです。

 

以前はジェロさんや家入レオさんが受賞し、

その後の活動につなげていきましたね。

 

 

一昨年はこぶしファクトリーが受賞しているため、

同じハロプロのつばきファクトリーは厳しいかな…

と個人的には感じていますが、

どのアーティストも横一線だと思います。

 

いずれにせよ、毎年最低でも1組は、

新人賞受賞とともに認知度がグンとアップしているので、

どのアーティストが飛躍へのキッカケをつかむのか注目ですね!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ