【放置は危険!】クロゴキブリの幼虫を退治・駆除する3つの方法

こんにちは、ユウです。

今日はゴキブリについて取り上げます。

 

このサイトではこれまでの記事でも、

ゴキブリ対策について取り上げて来ました。

 

私が大のゴキブリ嫌いということもありますし、

同様にゴキブリで悩んでいる人もいると思い、

サイトで備忘録的にまとめ始めたのがキッカケでした。

 

すると想像以上に多くの反響をいただいたので、

「ゴキブリへの悩みは全国共通」だと感じています。

 

さて、ひと口にゴキブリといっても、

様々な種類のゴキブリがいます。

 

日本でメジャーなのはチャバネゴキブリとクロゴキブリ。

 

今回はクロゴキブリについて取り上げます。

クロゴキブリの幼虫を見かけたら危険度マックス!

スポンサードリンク

クロゴキブリはチャバネゴキブリに比べて、

非常に強く耐性のあるゴキブリだと言われています。

 

チャバネゴキブリは寒さに弱いため、

冬にはほとんど活動しないと言われています。

 

その一方でクロゴキブリは寒さに強く、

1年中、どの地域でも活発に活動しています。

 

そのため1年が繁殖期にあたりますし、

放置していると室内に巣を作られてしまうかもしれません。

 

特に家の中で幼虫を見かけたら注意が必要です。

ゴキジェットプロ 効かない 画像

幼虫がいるということは、

室内にクロゴキブリの巣がある可能性が高いのです。

次から次へとゴキブリが出現する可能性もあるのです。

 

幼虫を見つけたら、

根本的に駆除する対策を打った方が賢明と言えますね。

 

ちなみにクロゴキブリの幼虫は、

他の幼虫と一緒に密集して動き回っています。

 

人前に自ら現れることはほとんどなく、

暗い場所に生息しています。

※体長は4mmほどです。

クロゴキブリの幼虫を退治する3つの方法

スポンサードリンク

まず幼虫を見かけたら、

根本的に駆除する方法をとりましょう。

 

クロゴキブリの幼虫を根絶やしにするには、

コンバットが効果的です。

 

幼虫がいるということは、

室内に巣がある可能性を疑って下さい。

 

目の前の1匹だけを退治するのではなく、

巣にいる他のゴキブリもまとめて倒す必要があります。

 

さいわい幼虫はまだ警戒心も薄いので、

成虫よりもコンバットには引っかかりやすいと言えます。

 

コンバットのエサを食べてもらって、

巣の中で仲間もろともせん滅するのです。

台所 シンク ぬめり 画像

次の方法は、「ゴキブリがいなくなるスプレー」です。

 

室内に2週間に一度噴射することで、

ゴキブリが家から出て行ってくれます。

 

同時に玄関やベランダの外にも噴射して、

室外からの侵入も同時に防ぎましょう。

 

そして3つ目が掃除です。

ゴキブリの幼虫や卵は目に見えにくいので、

定期的に掃除機を当てる必要があります。

 

幼虫や卵、あるいはフンがあると、

外からゴキブリが寄って来る可能性もありますからね。

加湿器 カビ 掃除 防止 画像

★ゴキブリ対策のコツをもっと知る★

⇒【ゴキブリホイホイにかからない衝撃の理由】でも対策はある!

⇒ゴキブリ対策にはハーブが最強!【種類を間違えたら逆効果だけどね】

⇒ハッカ油でのゴキブリ対策をオススメする理由【置くだけで消える】

⇒ベランダの恐るべきゴキブリ対策【室内への侵入お断り!】

⇒ゴキブリホイホイを置く場所はココが正解【室内だけはNG!】

⇒【ゴキブリホイホイがまさかの逆効果!】あなたの家がGだらけに

⇒ゴキブリホイホイの本当の効果…【実はあなたを悲劇のどん底に】

⇒冬に対策すれば1年中ゴキブリを見なくなりますよ…?

⇒【最強のゴキブリ退治マニュアルを伝授!】Yes,We can!

⇒【思わぬ所から侵入!】マンションのゴキブリ対策最前線をレポート

⇒ゴキブリは卵から何匹生まれる?【大勢の仲間があなたの家に】

⇒【ペットに害のないゴキブリ対策】オススメはホイホイとバルサン

⇒【上から突然ポトリ…】ゴキブリの巣がエアコンに!!絶望からの帰還

⇒【ゴキジェットプロは効かない?】意外な落とし穴と対策

⇒【ゴキブリ対策にアロマは最強】でも本当に効果があるのは2つだけ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ