【チャバネゴキブリの幼虫は危険!】今すぐ退治するにはこの方法!

こんにちは、ユウです。

今日はチャバネゴキブリについて取り上げます。

 

私は大のゴキブリ嫌いということもあって、

このサイトでは様々な対策法について紹介しています。

 

今回紹介するチャバネゴキブリとは、

クロゴキブリと並んで日本でメジャーなゴキブリの1種です。

 

名前の通り茶色っぽい姿をしており、

家庭だけでなく料理店や事業所でも見かけるゴキブリです。

 

クロゴキブリは飛ぶことができるのですが、

チャバネゴキブリは飛ぶことができないので、

逃げ足はそこまで早くないとも言えますね。

チャバネゴキブリの幼虫は危険!

スポンサードリンク

さて、今回取り上げるのはチャバネゴキブリの幼虫です。

 

3mm程と非常に小さい幼虫。

黄色のまだらがあるのが特徴ですが、

ゴキブリの幼虫だとは見分けがつきにくいと言えます。

 

3ヶ月程で成虫になるので、

幼虫を見かけたらすぐに駆除したいでしょう。

 

しかもチャバネゴキブリの繁殖力は強力で、

クロゴキブリの2倍近く、1度に卵を産みます。

 

大量繁殖の危険性が付きまとうので、

目の前の1匹を倒しても、次から次へと出現します。

 

熱帯気候を好む影響か、

冬場にはほとんど姿を見せませんが、

冬でも室内は暖房が効いていますよね?

 

外に出ず室内で冬を越すことも考えられますので、

相当に注意が必要なのです。

チャバネゴキブリの幼虫を今すぐ退治するには?

スポンサードリンク

幼虫がいるということはすなわち、

室内で巣を作られている可能性が高いです。

 

巣にいるゴキブリを一網打尽にすることが必要なので、

コンバットやブラックキャップ等の設置型アイテムが効果的です。

 

エサを食べればフンや死骸にも有害成分が残ります。

ゴキブリはフンや死骸を食べる傾向があるので、

幼虫成虫問わずにせん滅させることができます。

 

とはいえ市販の商品だとゴキブリも慣れているので、

引っかかってくれない可能性もあります。

 

そんな時の最終手段は「業者」です。

業者にゴキブリ対策を依頼すれば、

チャバネゴキブリを容易に駆除できます。

ゴキブリ 対策 ハッカ油 画像

チャバネゴキブリは繁殖力が特徴なので、

室内に多くの巣を作っている可能性もあります。

 

それならば一気に業者を入れて、

根本から根絶やしにした方が賢いとも言えます。

 

一度業者を入れてしまえば、

その後はコンバットやブラックキャップでも対策可能です。

 

オススメはダスキンですので、

一度相談してみるのはオススメですね。

ゴキブリ 駆除 業者 ダスキン 画像

★ゴキブリ対策のコツをもっと知る★

⇒【ゴキブリホイホイにかからない衝撃の理由】でも対策はある!

⇒ゴキブリ対策にはハーブが最強!【種類を間違えたら逆効果だけどね】

⇒ハッカ油でのゴキブリ対策をオススメする理由【置くだけで消える】

⇒ベランダの恐るべきゴキブリ対策【室内への侵入お断り!】

⇒ゴキブリホイホイを置く場所はココが正解【室内だけはNG!】

⇒【ゴキブリホイホイがまさかの逆効果!】あなたの家がGだらけに

⇒ゴキブリホイホイの本当の効果…【実はあなたを悲劇のどん底に】

⇒冬に対策すれば1年中ゴキブリを見なくなりますよ…?

⇒【最強のゴキブリ退治マニュアルを伝授!】Yes,We can!

⇒【思わぬ所から侵入!】マンションのゴキブリ対策最前線をレポート

⇒ゴキブリは卵から何匹生まれる?【大勢の仲間があなたの家に】

⇒【ペットに害のないゴキブリ対策】オススメはホイホイとバルサン

⇒【上から突然ポトリ…】ゴキブリの巣がエアコンに!!絶望からの帰還

⇒【ゴキジェットプロは効かない?】意外な落とし穴と対策

⇒【ゴキブリ対策にアロマは最強】でも本当に効果があるのは2つだけ

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ