山陽自動車道の渋滞通行止め情報【2016年お盆の予測を3分で解説】

こんにちは、ユウです。

今日は山陽自動車道の渋滞・通行止め情報について、

それも2016年お盆の情報を取り上げます。

 

兵庫から山口までの間を、

主に中国地方を通り抜けるための高速道路。

 

九州までつながっていることもあり、

利用者が非常に多い高速道路となっています。

スポンサードリンク

私も祖父の家が九州にあった関係で、

子供の頃はたまに車で帰省していました。

とはいえお盆は帰省ラッシュ。

渋滞や通行止めに巻き込まれる確率も上がりますし、

事前に情報を把握することが非常に大事だと言えます。

 

私は出発前に日本道路交通情報センターのサイトを必ず確認します。

 

サービスエリアでも確認できますが、

既に高速に入ってる以上、渋滞から逃れられないかもしれません。

 

出発前に状況を確認することで、

一般道を使うルートだって検討できますからね。

 

今回は2016年お盆休みの情報。

これを取り上げます。

【2016年お盆編】山陽自動車道の渋滞通行止め情報

スポンサードリンク

2016年のお盆は特に注意が必要。

 

8月13,14日が土日にあたり、

16日は平日なのです。

 

カレンダー通りの出勤ならば、

16日には出勤しているかもしれません。

 

また山の日が11日にある影響からか、

そこからお盆休みとする会社もある様です。

 

普段なら13日が下りのピーク。

16日が上りのピークとなっています。

 

ただし2016年のお盆は11日に下り、

16日に上りのピークが来るかもしれないのです。

 

いつもと同じ想定だと痛い目を見るかもしれません。

 

ちなみに私の会社では11日〜14日を一斉休暇とし、

前後に有給をくっつける様に言われていますね。

ユニクロ スーツ 評判 画像

ではさっそく、具体的な渋滞情報をお伝えします。

 

まずは下り。

下りで渋滞が予想されているのは、

以下の2区間となります。

 

 

志和IC〜広島JCT

 

ここは通り抜けに30分かかります。

8時〜14時の間に渋滞が予想されているので、

この時間を避けて通行したいところです。

 
山陽IC〜岡山JCT
こちらも通り抜けに30分かかります。

9時〜16時の間に渋滞が予想されていますね。

 

早朝に出発するか、夕方以降に出発するか。

渋滞を避ける上ではいずれかがオススメですね。

rp_572f48ca2decf0400a7e5c6c65c24902_s-300x1991-300x199.jpg

続いて上りの渋滞情報。

ここは主に2カ所ですね。

 

 

三木JCT〜神戸JCT

 

通り抜けに32分かかります。

12時〜深夜1時までの渋滞が予想され、

慢性的に渋滞しているイメージです。

 

午前中に通り抜けられたら理想ですね。

 

 

備前IC〜播磨JCT

 

ここは通り抜けに24分かかります。

15時〜21時まで混雑しているので、

午前中の通行をオススメします。

rp_471ec80c69e4ef843ea33b0da3cd48a1_s-300x199.jpg

1時間以上通り抜けに時間がかかる。

 

こうした区間はないものの、

何カ所かで小規模な渋滞が発生するのが、

山陽自動車道の特徴とも言えますね。

 

通り抜け時間を工夫したり、

サービスエリアを上手く使いながら、

渋滞を回避して目的地に到着してくださいね。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【2016年お盆は要注意】九州自動車道の渋滞・通行止め状況を確認

⇒【2016年のお盆休み】東海道新幹線の混雑予想を3分で解説

⇒【ユニクロのスーツの評判は?】実際に着てみた

⇒【驚愕の電気代!】エアコンと暖房をつけっぱなしにしてみた結果

⇒意外と知らない真実!バルサンでのシロアリ対策に効果はあるのか?

⇒【病気なの?】運転中の眠気の原因と今すぐできる対策を解説!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ