【2016年お盆休み】東九州自動車道の渋滞・通行止め情報を3分で予測

こんにちは、ヤマトです。

今日は東九州自動車道に注目して、

2016年お盆の渋滞・通行止め情報を取り上げます。

 

加治木JCTから鹿児島ICを結ぶ高速。

交通量も多く、九州の大動脈の一部となっています。

 

特に九州全域では車の移動も活発で、

お盆や年末年始には渋滞も十分に予想されます。

 

私も実家が九州にあるので、

車で帰省する際には渋滞情報はコマメにチェックしています。

 

そして2016年のお盆は非常に特殊。

渋滞や通行止め情報を事前に調べることが重要なのです。

【2016年お盆休み】東九州自動車道の渋滞・通行止め情報を予想

スポンサードリンク

一般的なお盆の期間は、

8月13日〜16日の間。

 

13日に先祖を迎え入れ、

16日に送り出すのです。

 

ところが2016年は13日と14日が土日。

16日が火曜日と平日にあたるのです。

 

カレンダー通りのスケジュールならば、

16日は出社している場合もあるのです。

rp_572f48ca2decf0400a7e5c6c65c24902_s-300x1991-300x199.jpg

私の会社は山の日の11日〜14日をお休みにして、

前後は各自で有給を取る様にと言われています。

 

もちろんちゃんと有給をとらせてもらえますが、

お盆の帰省時期に変動がある可能性は高いのです。

 

例年だと13日に下りのピーク。

16日に上りのピークを向かえますが、

今年は下りは11日にも、

上りは14日にもピークが来ると考えられます。

住民票 印鑑登録証明書 代理 家族 他人 画像

そして我が家では家を出発する前に、

必ずNEXCO西日本のサイトをチェックしています。

 

このサイトは道路図ごとに渋滞や通行止め情報が

ひと目でわかって大変便利なんです。

 

サービスエリアでも確認できますが、

迂回ルートも非常に限定的になってしまいます。

 

もし高速に入る前に確認できていれば、

一般道を使う裏ワザも検討できますからね。

【2016年お盆休み】東九州自動車道で渋滞するのはココ!

スポンサードリンク

ここからは実際の渋滞区間。

これに注目して見ていきます。

 

東九州自動車道自体が、

全体的に交通量の多い道路。

 

お盆には渋滞までいかずとも、

混雑している区間は多く見られます。

 

その中で特に注意が必要なのが、

臼杵IC〜津久見ICの区間。

 

通常ですと5分ほどで通り抜け可能ですが、

この時期は最大で1時間の渋滞が見込まれます。

 

この区間が一番混雑するので、

特に日中の運転時には注意が必要。

 

調整できるならば早朝か夜間。

この時間帯の通り抜けをオススメします。

加湿器 カビ 掃除 防止 画像

その他だと以下の区間が、

それぞれ15分程通り抜けに時間がかかります。

 

佐伯IC~大分宮河内IC

日向IC~延岡南IC

 

裏を返せば、この区間さえ注意すれば大丈夫とも言えますね。

東京 一人暮らし 社会人 費用 画像

ここで注意が必要なのが、

サービスエリアの所在地です。

 

実は大分松岡PA〜川南PA

この間にはトイレが設置されていないのです。

 

その距離なんと150キロ・・・

 

今後はトイレ建設計画が進んでいますが、

現状だと我慢するより他ない状態です。

 

渋滞しているとトイレへ行きたくなりますし、

この区間の前にサービスエリアへ突入して下さい。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【ユニクロのスーツの評判は?】実際に着てみた

⇒【驚愕の電気代!】エアコンと暖房をつけっぱなしにしてみた結果

⇒意外と知らない真実!バルサンでのシロアリ対策に効果はあるのか?

⇒【病気なの?】運転中の眠気の原因と今すぐできる対策を解説!

⇒【2016年お盆は要注意】九州自動車道の渋滞・通行止め状況を確認

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ