【2016年お盆は要注意】九州自動車道の渋滞・通行止め状況を確認

こんにちは、ユウです。

今日は九州自動車道の渋滞情報について、

それも2016年のお盆に限定してお伝えします。

 

九州の大動脈となっている高速。

熊本地震の時は一部で通行止めとなり、

九州域内の交通に大きな影響が出ましたね。

 

特に2016年は地震発生後初のお盆。

帰省を考える人が多いと予想されています。

 

こちらの記事でも熊本地震を紹介しましたが、

GW中には被害が落ち着いていない地域もあり、

帰省に踏み切れなかった家庭も結構あった様です。

 

そんな中でお盆が最初のチャンス。

交通網も大方復旧しているので、

九州自動車道の利用者も多くなると考えられます。

2016年のお盆の九州自動車道渋滞情報をひと目でチェック!

スポンサードリンク

私が出発前に必ずチェックしているのが、

NEXCO西日本のサイトです。

 

道路図が非常に見やすいのと、

リアルタイムで情報を更新してくれること。

そして通行止め情報も表示してくれます。

 

使い勝手も良いので、

スマホでこまめにチェックしています。

 

サービスエリア内でも渋滞情報は確認できますが、

一般道の方が空いている可能性もあるため、

事前にチェックすることをオススメします。

 

そしてここからは、

お盆の日に混雑が予想される区間。

これを取り上げて行きます。

rp_572f48ca2decf0400a7e5c6c65c24902_s-300x1991-300x199.jpg

まず毎年必ず混雑するのが、

鳥栖ジャンクションの付近です。

 

鳥栖ICはもちろんのこと、

九州自動車道、長崎自動車道、大分自動車道が接続しており、

通り抜けに時間がかかる区間でもあります。

 

日本では珍しいクローバー型のジャンクション。

 

事故を避けるためスピードを落とす車も多く、

これも渋滞につながっていますね。

スポンサードリンク

次に注意が必要なのは広川IC付近。

人気の高い広川サービスエリアが近接していますね。

 

去年は最大で約30キロの渋滞が発生しており、

ピーク時は2時間近くも要しています。

 

午前中から夜遅くまで、

ほぼ1日渋滞は続いており、

特に上りで渋滞が発生しやすい区間です。

 

可能ならば早朝か深夜にかけて通過すると、

スムーズに通り抜けできます。

rp_471ec80c69e4ef843ea33b0da3cd48a1_s-300x199.jpg

ちなみに一般的なお盆の日程は、

8月13日〜16日。

13日に先祖を迎え入れ、16日に送り出すのです。

 

ところが2016年は13日と14日が土日。

16日は火曜日と平日にあたります。

 

万が一カレンダー通りの休みならば、

16日は既に会社で働き始めているわけです。

 

私の会社は山の日の11日から14日までが一斉休暇。

前後に有給を取得する様に言われています。

 

通常のお盆だと13日と16日に帰省ラッシュを向かえますが、

14日の日曜日に我が家へ帰る人も多そうです。

九州自動車道オススメサービスエリアを紹介!

トイレ掃除 ブラシ 使わない 画像

最後にサービスエリア情報です。

 

渋滞で混雑した場合、

サービスエリアを有効活用したいところです。

 

子供がいる場合は、

グルメなサービスエリアに入れば満足度もアップしますからね!

ゴキブリ 対策 ハッカ油 画像

オススメサービスエリアは、

こちらのサイトにまとめられています。

 

なかでも個人的にオススメなのが、

広川サービスエリアです。

 

黒豚カツ膳は大人はもちろん、

子供にも人気のある鉄板メニューです。

 

ペットの犬とも一緒に食事ができる。

そんなスペースも完備しているので、

犬連れ家族にとってもひと安心です。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒九州自動車道の渋滞情報がリアルタイムでわかる!

⇒【2016年お盆休み】九州新幹線の混雑予想を3分で解説

⇒【ユニクロのスーツの評判は?】実際に着てみた

⇒【驚愕の電気代!】エアコンと暖房をつけっぱなしにしてみた結果

⇒【病気なの?】運転中の眠気の原因と今すぐできる対策を解説!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ