【2016年お盆休み】九州新幹線の混雑予想を3分で解説

こんにちは、ユウです。

今回は九州新幹線の混雑状況。

それも2016年のお盆休みに絞ってお伝えします。

 

実家へ帰省することを考えるなら、

できるだけ早く確保したいのがお盆の切符。

 

特に2016年は4月に熊本地震が発生し、

「一度実家の様子を確認したい」と考える人が、

熊本はもちろん九州全域で増えています。

熊本地震 九州新幹線 復旧 いつ 画像

2016年のGWは飛び石連休だったので、

帰省できなかった人も結構いる様ですし、

まだ本震から3週間ほどしか経過しておらず、

様子を確認する所ではなかった地域もありました。

 

九州自動車道を使い帰省する人もいますが、

さすがに関東圏からだと新幹線や飛行機の方が便利。

 

その一方でボランティアの交通手段もあり、

想像以上に混雑が予想されているのです。

2016年九州新幹線のお盆休みの混雑状況を3分で解説

スポンサードリンク

2015年のデータを確認すると、

九州新幹線はお盆休み中に

乗車率100%に達した日はありませんでした。

 

実際はほぼ100%だったので、

切符が余っていたわけではないのですが、

乗車率100%越えが普通な東海道新幹線に比べると、

混雑具合はまだマシだったと言えます。

 

今回は九州新幹線の混雑状況をお伝えしますが、

博多にたどり着くまでの東海道新幹線の切符。

 

必要な人はまず、この切符を確保することが第一ですね。

2016年 お盆休み 東海道新幹線 混雑 予想 乗車率 画像

九州新幹線ですが、2016年は特に帰省ラッシュで

お盆の期間中は乗車率100%越えもありえる状況。

 

2016年は震災の影響もあって、

可能性は非常に高いと言えます。

 

飛行機を使う人がどこまで増えるかによって、

乗車率も変動はあるでしょうが、

例年以上に帰省を検討する家庭は増えるので、

切符は前もって抑えた方が良いでしょう。

 

さいわい九州新幹線には自由席が存在するので、

立って乗車することも可能ではありますが、

子供連れだとストレスもたまりますからね。

2016年のお盆で九州新幹線が混雑するのはいつ?

rp_572f48ca2decf0400a7e5c6c65c24902_s-300x199.jpg

ここからは具体的に、

いつ混雑するのかを見て行きます。

 

一般的にお盆は8月13日〜16日。

13日に先祖を迎え入れ、16日に送り出します。

 

例年ですと16日には帰省ラッシュ。

九州新幹線はもちろん、

博多からの東海道新幹線でも一番混雑します。

スポンサードリンク

ただし今年は13日と14日が土日。

16日は火曜日にあたります。

 

カレンダー通りに進める会社があれば、

15日から出勤するケースもあるでしょう。

 

私の会社では山の日の11日から、

14日までを一斉休暇としており、

前後に有給を自由に取得する形をとっています。

 

ですので2016年は16日に加えて、

14日の日曜日にも帰省ラッシュが訪れる可能性があります。

 

事前に混雑を見越した上で、

切符を確保してください。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【2016年のお盆休み】東海道新幹線の混雑予想を3分で解説

⇒【ユニクロのスーツの評判は?】実際に着てみた

⇒【驚愕の電気代!】エアコンと暖房をつけっぱなしにしてみた結果

⇒意外と知らない真実!バルサンでのシロアリ対策に効果はあるのか?

⇒【病気なの?】運転中の眠気の原因と今すぐできる対策を解説!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ