【2016年お盆は要注意】中央自動車道の渋滞予測を3分でチェック!

こんにちは、ユウです。

今回は中央自動車道の渋滞予測。

それも2016年のお盆に限定してお伝えします。

 

私の父の実家が名古屋にあるので、

子供の頃は東海道が混んでいた場合、

中央道を使って帰省していました。

 

夏の時期は雪の心配もないですし、

子供ながら楽しい小旅行でしたね。

 

ところがお盆の時期はどうしても混みます。

中央道でも多数の渋滞ポイントがあります。

スポンサードリンク

とはいえ、毎年渋滞ポイントはほとんど同じ。

事前に予測することができるんですよね。

 

基本的にお盆の日にちは、

年に限らず8月13日〜16日とされています。

13日に先祖を迎え、16日に送り出すわけです。

 

ただし2016年のカレンダーは変則的。

13日と14日が土日で、16日は火曜日です。

 

例年よりも1週早く、

8月第2週にお盆を設定する会社も多い様です。

ユニクロ スーツ 評判 画像

私の会社では山の日である11日〜14日まで。

この4日間がお盆休みとして定められています。

 

その前後に有給をつける形になりますが、

16日を待たずして我が家へ帰る人も多いでしょうね。

 

こうした情報を念頭に置きながら、

2016年の渋滞予想を確認します。

2016年のお盆休みの中央自動車道渋滞情報

スポンサードリンク

まず逐一確認したいのが、

日本道路交通情報センターのサイトです。

 

ネット環境さえ整っていれば、

いつでもチェックできます。

 

5分おきに更新されるので、

リアルタイムの渋滞情報をチェックできます。

通行止め区間の情報も確認でき役立っています。

 

我が家では出発前はもちろん、

高速に入ってからも度々チェックしています。

 

特に中央道はトンネルも多く、

高速内でネット環境が悪いケースもあります。

 

出発前に必ず一度目を通すことは必須ですね。

加湿器 カビ 掃除 防止 画像

次にお盆休みに渋滞が予想される区間。

 

まずは下りの渋滞情報ですが、

8月11日から混雑し始め、

13日の土曜日にピークを迎える予想です。

 

一番混雑するのが高井戸IC〜相模湖IC。

 

普段も渋滞しやすい区間ではありますが、

何と40キロもの渋滞予想が出ています。

 

午前中に渋滞は集中することが予想されているので、

可能ならば10日の深夜に出発するか、

11日の夕方頃に出発すると渋滞を避けられます。

トイレ掃除 ブラシ 使わない 画像

その他、下りで渋滞が予想されるのは以下の区間です。

 

小牧東IC〜小牧JCT→5キロ

土岐IC付近→10キロ

 

基本的に東京から山梨に入る辺り。

ここが下りの渋滞ポイントです。

九州自動車道 復旧 いつ 熊本地震 画像

次に上りの混雑具合です。

 

14日の日曜日から混雑が始まります。

お盆の暦通り16日に戻る人もおり、

14日〜16日がピークだと予想されます。

 

特に注意が必要なのは、

大月IC〜八王子JCTの区間。

最大で30キロの渋滞が予想されています。

rp_572f48ca2decf0400a7e5c6c65c24902_s-300x1991-300x199.jpg

やはり上りも最渋滞区間は東京付近。

 

深夜の時間帯と正午の時間帯が

特に混雑することが予想されているので、

上手く外して戻られることをオススメします。

 

その他で渋滞が予想される区間は、以下のとおりです。

 

一宮御坂IC〜大月JCT→10キロ

国立府中IC〜高井戸IC→10キロ

渋滞を回避しながらオススメサービスエリアへ!

東北自動車道 渋滞 現在

お盆休みに渋滞を回避する。

これはもちろん大切です。

 

とはいえ高速の醍醐味はサービスエリア。

グルメなサービスエリアに入れば、

どんなに渋滞してても満足度はアップします。

 

個人的にオススメなのが談合坂サービスエリア。

 

規模が多く入りやすいことに加え、

グルメが豊富に取り揃えられています。

個人的にはほうとうがイチ押しですね!

 

その他オススメのサービスエリアは、

こちらのサイトにまとめられています。

合わせてチェックして下さい!

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒中央自動車道の渋滞情報がリアルタイムでわかる!1分でさっと確認

⇒【ユニクロのスーツの評判は?】実際に着てみた

⇒【驚愕の電気代!】エアコンと暖房をつけっぱなしにしてみた結果

⇒意外と知らない真実!バルサンでのシロアリ対策に効果はあるのか?

⇒【病気なの?】運転中の眠気の原因と今すぐできる対策を解説!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ