【2016年お盆は要注意】東北自動車道の渋滞・通行止め情報を確認

こんにちは、ユウです。

 

今回は2016年の東北自動車道の渋滞情報。

お盆の時期に限定してお伝えしていきます。

 

以前の記事では東北自動車道を取り上げ、

日常的に渋滞しやすい区間をお伝えしました。

 

ただし今回はお盆の時期。

お盆は帰省ラッシュで、どうしても高速は混みます。

 

東北から関東へ出て来ている人も多く、

新幹線よりも高速を使う人が多い様な感覚があります。

スポンサードリンク

基本的にお盆の日にちは、

年に限らず8月13日〜16日とされています。

13日に先祖を迎え、16日に送り出すのですね。

 

ただし2016年のカレンダーを見ると、

13日と14日が土日で、16日は火曜日です。

 

会社のカレンダーにもよりますが、

8月の第2週に上手くお盆休みをぶつける可能性も考えられます。

 

私の会社では山の日である11日〜14日まで。

この4日間はお盆休みとして確定しています。

 

その前後に有給をつける形になりますが、

16日を待たずして我が家へ帰る人も多いでしょう。

【2016年のお盆休み】東北自動車道の渋滞情報がひと目でわかる!

九州自動車道 復旧 いつ 熊本地震 画像

まず私がオススメするのが、

日本道路交通情報センターのサイトです。

 

5分おきに現在の渋滞情報を、

区間ごとに表示してくれます。

通行止め区間もひと目で確認できるのです。

 

NEXCO東日本の渋滞情報サイトもありますが、

こちらのサイトよりも図が見やすいので、

道路交通情報センターのサイトをオススメします。

 

出かける前には必ずチェックしますし、

パソコンやスマホ、ipadがあれば、

車内でも簡単に確認できます。

ユニクロ スーツ 評判 画像

また、日常的に渋滞が発生しやすい区間は、

「渋滞ポイントマップ/ドラぷら」にまとめられています。

 

上り(東京方面)については、

午前6時〜10時、午後15時〜19時に

 

下り(仙台・青森方面)については、

午前7時〜10時に渋滞が発生しやすいとされています。

 

もし融通が利くならば、

この時間帯を外しての移動をオススメします。

加湿器 カビ 掃除 防止 画像

ただし、2016年のお盆については、

白川ICと宇都宮ICの区間において特に渋滞が予想されています。

 

昨年も50キロ近くの渋滞が発生しました。

今年も注意が必要な区間です。

 

山の日で祝日にあたる11日や12日の金曜日。

帰省ラッシュで下り方面は渋滞の可能性が非常に高い。

 

また、14日に帰省先から帰る場合も、

かなりの混雑が予想されます、

 

先ほど紹介した要注意時間帯。

50キロの渋滞は覚悟してください。

東北自動車道のオススメサービスエリアはここ!

スポンサードリンク

東北自動車動は日本一長い高速道路。

その分だけ渋滞に遭遇する確率も高まります。

 

サービスエリアを必ず利用するでしょうが、

サービスエリアの充実度は事前のリサーチが不可欠。

 

特に北へ行けばいくほど、

トイレと簡単な自販機しかないケースもあります。

 

サービスエリアでの食事やお土産も、

帰省の思い出になります。

 

我が家には子供がいますが、

サービスエリアも重要なポイントですね。

バルサン シロアリ 対策 効果 画像

東北自動車動オススメのサービスエリアは、

こちらのサイトに紹介されています。

一緒に確認してみてください。

 

ただ、私が必ず立ち寄るのが、

那須高原サービスエリア。

 

サービスエリア自体がきれいですし、

牛乳を使ったお土産も充実しています。

 

テラスレストランも完備され、

思い出作りには間違いなく効果を発揮します。

 

あとはお肉好きにはたまらないのが、

前沢サービスエリアの前沢牛串焼き。

 

家族でかぶりつけますし、

満足度の高いグルメですよ!

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【東北自動車動】現在の渋滞情報がひと目でわかる!

⇒【便器を破壊するかも】トイレ詰まりのラバーカップの正しい使い方

⇒【ユニクロのスーツの評判は?】実際に着てみた

⇒【驚愕の電気代!】エアコンと暖房をつけっぱなしにしてみた結果

⇒【病気なの?】運転中の眠気の原因と今すぐできる対策を解説!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ