【熊本地震】九州新幹線の復旧はいつ?GWに間に合わない可能性も

2016年4月14日。

熊本県で震度7を観測する強い地震がありました。

 

東日本大震災に匹敵する強い地震。

余震が数時間置きに続いている状況です。

スポンサードリンク

しかも4月16日には再び震度7の地震が発生し、

「14日の地震は余震で、16日が本震である」との発表がなされました。

 

今でも震度6を越える地震が断続的に発生し、

先が見えない状況です。

 

もちろん復旧には多くの時間がかかることが推測されています。

 

そんな中で気になるのが交通情報。

特に熊本へのアクセスとなる九州新幹線の運行状況。

 

これは非常に気になる所です。

 

私も親戚が熊本にいるので、早く復旧して欲しい。

電話で安否確認がとれたとはいえ、

やはり直接会って確認したいというのが本音です。

 

私は東京に住んでいるので、

空路を使うより他ない状況となっています。

 

さすがに地震直後に会いに行くのは難しいですが、

新幹線がいつ運転を再開するのかは気になります。

【熊本地震】九州新幹線の復旧はいつ?

スポンサードリンク

地震の影響で熊本市内で回送電車が脱線。

電車を運行させる上でリスクを伴うので、

九州新幹線も全線で運行を見合わせています。

 

しかも地震が起きて数時間単位で、

震度4以上の余震が続いている状況。

 

脱線した回送列車の回収作業や、

復旧作業を始める見通しもたっていません。

 

1、2日待てば復旧するということではない。

これは確実に言えることでしょう。

ゴキブリホイホイ 効果 画像

今回の状況と震度については、

東日本大震災が非常によく似ています。

 

東日本大震災では東北新幹線が、

全線で運転を見合わせる事態に陥りました。

 

3月11日に震災が発生して、

全線で運行が再開したのが4月29日。

 

部分的な運行は順次再開しましたが、

全線での再開となると1ヶ月以上もかかっています。

 

もちろん交通ラインの確保は大前提ですが、

被害状況の把握の方が優先されます。

ゴキブリホイホイ 置く場所 画像

熊本の地震についても、

家屋の倒壊や死傷者が発生している状況。

 

余談を許さないだけに、

まずは人的・物的被害の把握が優先されるでしょう。

 

東日本大震災と異なり津波の心配はないものの、

復旧までの目安は約1ヶ月といったところでしょうか。

※あくまで「全線復旧」までの目安です。

 

=====

 

【4月19日:追記】

JR九州は当初、約1ヶ月での復旧を見込んでいました。

 

ところが脱線した回送電車の引き上げ作業や、

高架橋やレールの修復作業を完成させるには、

ゴールデンウィークに間に合わない見通しを発表しました。

 

何より今も余震が続いていて、

満足に復旧作業が行えていないのが痛い…

 

一部では運転を再開したものの、

完全復旧は5月を待たなければいけない様です。

 

=====

 

東日本大震災以来の大規模な地震。

しかも断続的に大きな地震が続いており、

復旧よりも人名救助の方にマンパワーが割かれています。

 

 

早期の復旧を心から願っています。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒九州自動車道の完全復旧は1ヶ月後?迂回ルートは?【熊本地震】

⇒九州自動車道の現在の通行止め情報【熊本地震】

⇒【復旧にも影響?】2016年の九州の梅雨入りは例年より【早い】

⇒【復旧を遅らせる?】2016年の九州の梅雨明けは例年より【遅い】

⇒【長所と短所を比較】一人暮らしで住民票は移さない?移す?

⇒【ブラシを使わないトイレ掃除の仕方を解説!】十分ピカピカになる

⇒【便器を破壊するかも】トイレ詰まりのラバーカップの正しい使い方

⇒トイレつまりの本当の直し方【ラバーカップが使えるデッドライン】

⇒【バブルラン2016】服装に要注意!男女必ず水着着用を!

⇒【アラバキロックフェスの服装】失敗せずオシャレに決めるならこれ

⇒【追い炊きは高い!】足し湯でグルグル回してガス代節約!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ