【福岡の梅雨入り・梅雨明け時期予想】2016年は要注意!

この記事では福岡の梅雨入り・梅雨明け時期について、

2016年の傾向をお伝えします。

 

気象庁のサイトのデータを基に、

例年よりも早いのか遅いのかを割り出します。

2016年の福岡の梅雨入り・梅雨明け時期予想

スポンサードリンク

こんにちは、ユウです。

今日は福岡の梅雨入り・梅雨明け時期についてです。

 

九州地方は梅雨入りの玄関口。

日本全国で一番早く、梅雨に突入します。

 

そのため事前の準備が重要。

関東や関西の様にニュースを見て、

「自分達も準備しないと…」では遅いのです。

 

できる限り早く情報をキャッチし、

十分な備えをとってください。

 

我が家では洗濯物の部屋干しが難点。

独特のニオイが家にこもるので、

できる限りしたくないんです。

 

梅雨入り時期を事前に予想できていれば、

部屋干しの回数も少なくできます。

 

また、小学生になる子供もいるので、

夏休みの外出の予定を立てるのにも役立ちます。

 

せっかく家族で外出したのに、

雨の確率が高いのは残念すぎますからね…

2016年の福岡の梅雨入り時期は?

スポンサードリンク

気象庁のサイトでは、

過去60年間の梅雨入り・梅雨明け時期について、

グラフにしてまとめています。

 

福岡含む九州北部のデータとして、

蓄積され続けているんですよね。

 

そんな中で梅雨入り時期については、

6月5日頃が平均値だと算出されています。

 

ただし直近10年間のデータを見ると、

2007年と2010年の2年しか、例年よりも遅くなかったのです。

 

データが古くなればなるほど、

気象条件も今と異なるので信憑性が薄くなる。

 

直近10年のデータだけを見ると、

梅雨入り時期はむしろ早まっているとも言えます。

 

直近10年中で5月に梅雨入りした年。

これも4年間存在します。

 

2016年の福岡梅雨入り時期についても、

例年より早いことは確実。

5月に突入するケースも十分考えられます。

2016年の福岡の梅雨明け時期は?

梅雨入り 2016 関西 予想 画像

次に梅雨明け時期を見ていきます。

 

梅雨明け時期の平均は7月19日頃。

ただ、これについては梅雨入り時期と異なり、

例年よりも遅い年が直近10年間で6年もあります。

 

このデータだけを見ると、

福岡の梅雨の時期は全体的に伸びていると言えます。

 

2015年も例年より10日も遅かったですし、

8月に梅雨明けしている年もあるくらいです。

 

もちろん2011年か2013年の様に、

梅雨明け時期が早まることも予想はできます。

 

ただ、ここ10年間のデータを見ると、

梅雨明け時期は例年よりも遅くなる傾向があるでしょう。

 

我が家では対策として、

子供との予定を7月下旬に入れないことにしました。

 

天気がぐずつく可能性が高いので、

リスク回避の意味でも夏休み後半に予定を立てました。

 

梅雨入り時期は例年よりも早く、

梅雨明け時期は例年よりも遅い。

しかも、梅雨全体の期間は伸びる傾向がある。

 

これが福岡の梅雨入り・梅雨明け時期の特徴です。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【男女関係なし!】鼻くそを食べる心理と今すぐできる解決策

⇒【ワンデーコンタクトは再利用できるの?】失明につながるかも

⇒【ユニクロのスーツの評判は?】実際に着てみた

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ