【大阪の梅雨入り・梅雨明け予想】2016年は例年より早い?遅い?

この記事では2016年の大阪の梅雨入り、

梅雨明け時期を予想します。

 

気象庁が公式に発表するデータを基に、

例年よりも梅雨入り・梅雨明け時期が早いのか、

それとも遅いのかを見ていきます。

2016年の大阪の梅雨入り・梅雨明け時期は?

スポンサードリンク

こんにちは、ユウです。

 

2016年の大阪の梅雨入り・梅雨明け時期。

洗濯物の乾き具合にも影響しますし、

梅雨明けが伸びれば夏休みの予定にも関わります。

 

我が家には小学生になる子供がいますが、

7月下旬から夏休みに入るので、

家族サービスをどうしようかは悩みます。

 

定番のUSJへ行こうにも、

雨が降ったら台無し。

 

かといって仕事の都合もあるので、

そう簡単には予定を変えられません。

 

気象庁のサイトを確認すると、

過去60年の梅雨入り、梅雨明け時期が

図表としてまとまっています。

 

大阪だけでなく近畿地方として括られていますが、

それでも参考にするには十分なデータです。

 

また、60年以上のデータを基に、

梅雨入り・梅雨明け時期の平均値も表示されています。

 

この値を見ながら、

2016年の状況を予想していきます。

2016年の大阪の梅雨入り時期は?

スポンサードリンク

まずは梅雨入り時期。

平均は6月7日頃となっています。

 

ここで注目して欲しいのが、

直近10年のデータ。

 

梅雨入り時期が平年より遅い年は、

2006年、2007年、2010年、2012年の4年のみとなっています。

 

しかも2006年と2012年については、

平年より1日遅いだけ。

大きな変動はなかったとも言えます。

 

その意味ではこの10年間は、

梅雨入り時期が例年より早い傾向が続いています。

 

かなり昔にさらのぼれば、

例年よりも大幅に遅れた年もありました。

 

ですが気象状況は変化しています。

直近10年のデータを信用した方が、

最新の情報を上手くまとめられると考えられます。

 

2016年の大阪の梅雨入り時期は、

例年よりも早いと見て良いでしょう。

2016年の大阪の梅雨明け時期は?

梅雨入り 2016 関西 予想 画像

次に注目するのが梅雨明け時期。

平均値は7月21日頃となっています。

 

例年よりも遅い年が直近10年間の中で、

2006年、2007年、2009年、2015年と4年あります。

 

これだけ見ると梅雨入り時期と同じですが、

いずれの年も大幅に梅雨明け時期が遅れています。

 

中には8月に梅雨明けした年もあり、

大幅に梅雨明けがずれ込む可能性も秘めています。

 

とはいえ、2015年に梅雨明けが遅かったので、

例年の傾向だけを見ると2016年は例年より早い梅雨明けになりそうです。

 

ただし、保険をかける意味でも、

7月下旬に外出する予定は立てずに、

8月まで待った方が無難とも言えます。

 

我が家でも子供の夏休みの予定は、

7月下旬には何も入れないことにしました。

 

梅雨入り・明け時期は例年よりも早いが、

梅雨明け時期は例年よりも遅い可能性がある。

 

これが2016年の特徴だと言えます。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【男女関係なし!】鼻くそを食べる心理と今すぐできる解決策

⇒【病気?それとも体質?】休日に寝過ぎる原因と対策

⇒【驚愕の電気代!】エアコンと暖房をつけっぱなしにしてみた結果

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ