【2016年東京の梅雨】例年より長い!気象庁データから予想

こんにちは、ユウです。

今日は2016年の東京の梅雨を取り上げます。

 

梅雨入りと梅雨明け時期がいつになるのか?

これを事前に知っておくのは大事です。

 

私も東京で働いているのですが、

梅雨の影響を受けて電車が止まることもある。

 

雨でスーツが濡れたり、

洗濯物が乾きにくくもなってしまう。

日々の生活から対策が必要になって来ます。

スポンサードリンク

雨で濡れた時には仕事のテンションも

一気に下がりますからね(笑)

 

また、大きな影響が出るのが遊びの計画。

 

梅雨の時期が長くなればなるほど、

外出する予定を立てにくくなります。

 

室内で遊ぼうにも、

他の時期以上に人ごみもできますし、

正直外に出たくないというのが本音です。

 

この記事では2016年の東京の梅雨を、

気象庁のデータを使いながら予想します。

2016年東京の梅雨入り・梅雨明け時期は?

スポンサードリンク


気象庁のサイトでは、

過去60年以上ものデータを蓄積しています。

 

関東甲信という括りですが、

梅雨入り時期と梅雨明け時期を図表化し、

平均値まで算出しているのです。

 

梅雨入りは6月8日

梅雨明けは7月21日

これを基準に早い遅いを考えます。

 

とはいえ、ここ数十年の間に、

気象条件は大きく変化しています。

 

異常気象や温暖化等の影響もあり、

60年前のデータを鵜呑みにはできません。

 

そこで直近10年程のデータを見ると、

梅雨入り・明けにおいてある特徴を見ることができます。

梅雨入り 2016 関西 予想 画像

まず梅雨入り。

梅雨入り時期については例年よりも早くなる。

ここ10年でその傾向が顕著に現れています。

 

2007年だけ大幅に遅れたものの、

それ以外は軒並み梅雨入り時期が早い。

 

2006年、2012年、2013年も、

例年より少し遅いだけですからね。

 

一方で梅雨明け時期については、

過去10年を見てもバラツキがあります。

 

例年よりも10日以上早い年もあれば、

8月になって梅雨明けする年もある。

 

正直、梅雨入り時期に比べると、

傾向が掴みにくいと言えます。

 

ただ、梅雨明け時期に関しては、

例年よりも早い・遅いというサイクルが

ほぼ交互に来ていると言えます。

 

そのため2016年の梅雨明け時期。

これは例年よりも遅い可能性が高いと言えます。

2016年東京の梅雨は例年より長い!

梅雨明け 2016 関西 予想 画像

ここまでの話をまとめると、

2016年の東京の梅雨の特徴として、

梅雨入り時期は例年より早く、

梅雨明け時期は例年より遅いと言えます。

 

つまり、梅雨全体の時期は伸びると言えます。

 

2016年の梅雨は長引く。

夏休みにまで重なるかもしれません。

 

子供がいる場合は家族サービスにも影響が出るでしょう。

東北 梅雨明け 2016 画像

7月下旬に外出の予定を入れず、

8月に回した方が無難とも言えますね。

 

なお、この傾向は今後も続きます。

特に梅雨入り時期については、

例年よりも早まり続けるでしょう。

 

梅雨の始まりが早まり、

梅雨明けも遅くなってしまう年。

それが2016年の東京の特徴と言えますね。

 

梅雨の時期にどんな服を着れば良いのか

マイナンバー 通知カード 紛失 再発行 画像

最後に個人的な悩みを1つ。

梅雨の時期は何を着ようか悩んでしまいます。

 

濡れたら水滴が服につきますし、

どこかじジメっとしているので苦しい。

 

しかも洗濯すれば部屋干しですし、

あのいや〜なニオイが残りますからね…

 

「何とかならないものか…」と調べていたところ、

別のサイトで「雨の日に特化したメンズコーデ」を紹介していました。

 

個人的には非常に参考になったので、

合わせて読んでみることをオススメします!

rp_471ec80c69e4ef843ea33b0da3cd48a1_s-300x199.jpg

また、雨をはじく服装と言えば「ナイロンパーカー」ですが、

最近はユニクロからブロックテックパーカーが生まれました。

 

機能性にすぐれ、雨をものすごいはじくので、

こちらも非常にオススメです。

⇒ユニクロのブロックテックパーカおしゃれコーデを色別に解説!

スポンサードリンク

★こちらの記事もオススメ★

⇒【驚愕の電気代!】エアコンと暖房をつけっぱなしにしてみた結果

⇒【薬は危険】眠りが浅い原因と一瞬で熟睡してしまう方法

⇒【効果はすぐ!】朝起きれない人は中古スマホが最強の目覚ましに!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ