【東海地方の梅雨入り】2016年は例年より早い!

こんにちは、ユウです。

今日は東海地方の2016年の梅雨入り。

これについて時期を見ていきます。

 

東海地方には私の母の実家があり、

年に1度は今でも通っています。

 

東海地方は天候がぐずつきやすいと言われ、

梅雨時には特に注意が必要です。

 

そこで今回は2016年の東海地方の梅雨入り。

気象庁のデータを踏まえながら、

時期を導き出していきます。

2016年の東海地方の梅雨入りは例年より早い!

スポンサードリンク

まず結論からお伝えします。

 

2016年の東海地方の梅雨入りは、

例年よりも【早い】です。

 

気象庁は過去60年以上にかけて、

東海地方の梅雨入りと梅雨明けの日にち。

これを公開しています。

 

※これはこれですごいですよね。

そして過去60年以上のデータから、

梅雨入りと梅雨明けの平均値を算出。

 

梅雨入りは6月8日。

梅雨明けは7月21日。

 

これを基準にしながら、

2016年についても早い遅いを見ていきます。

 

梅雨入り時期については、

過去10年間のデータを見て下さい。

 

10年中、実に8年間もの間、

梅雨入り時期が早かったのです。

梅雨明け 2016 関西 予想 画像

しかも直近5年間にかけては、

すべてが例年よりも早くなっているのです。

 

温暖化や大気汚染などで、

60年前とは気象条件も変化しています。

 

そんな中では最近のデータを見た方が、

梅雨入り時期は正確に割り出せます。

 

過去10年間だけを見たら、

6月8日よりも梅雨入りは早まっているはずです。

 

ということで、今年の梅雨入りも

例年より早いことが予想されます。

 

6月上旬、

5月中に来る可能性もあります。

梅雨入りが早ければ梅雨明けも早い?

スポンサードリンク


2016年の東海地方の梅雨入り時期。

これが例年よりも早いとお伝えしました。

 

ここでよく考えてしまうのは、

「梅雨入りが早ければ梅雨明けも早いのでは?」ということ。

 

残念ながら、その可能性は低そうです。

 

過去5年間のデータを見れば一目瞭然。

梅雨入り時期は早くなっているものの、

梅雨明け時期はむしろ例年より遅くなる傾向なのです。

 

つまり、全体の梅雨の時期。

これは伸びているんですよね。

⇒2016年の東海地方の梅雨明けは例年より【遅い!】

rp_572f48ca2decf0400a7e5c6c65c24902_s-300x1991-300x199.jpg

梅雨の時期が延びれば、

その分だけ外出に影響が出ます。

夏休みにも影響が出るかもしれません。

 

家の中は湿気でジメジメして、

ゴキブリ等の害虫発生のリスクも高まります。

 

ほとんど私達には良いことはないんです・・・

 

農作物だって雨期が伸びれば、

雨を浴びすぎて腐ってしまいますからね。

 

2016年の東海地方。

梅雨入り時期は例年よりも早い。

これはほぼ確実に言えます。

 

今後もこの傾向は続きそうなので、

それなりの対策を考えておいた方が良さそうですね。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【夜眠れないときはこれ!】目を閉じるだけで自然と寝られる方法

⇒【効果はすぐ!】朝起きれない人は中古スマホが最強の目覚ましに!

⇒【驚愕の電気代!】エアコンと暖房をつけっぱなしにしてみた結果

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ