【マイナンバー通知カードを紛失】再発行の手続きに潜む盲点

こんにちは、ユウです。

今日はマイナンバー通知カードを取り上げます。

 

2015年の10月ごろから徐々に、

マイナンバー通知カードが各世帯に送られました。

 

簡易書留で郵送され、

不在時は1週間以内に連絡しないと、

自分で郵便局まで受け取らないといけない。

 

何とも面倒な方法でした。

スポンサードリンク

ただ、個人情報が満載なので、

これも仕方ないのかなと思っていました。

 

さて、いざ通知カードを受け取ると、

事前にあれだけ報道されていたにも関わらず、

中身が何とも簡素なことに驚きました。

 

さすがに私の個人情報は公開できないので、

ここに写真は載せられませんが、

薄い紙切れを切り取ったもの。

 

クレジットカードや免許証の様に

しっかりした作りではなく、

ペラペラの紙切れ1枚。

 

自分でラミネート加工するなり、

何かしら目立たせておかないと、

紛失してしまう可能性が高そうです。

はい、やってしまいました。

実は私、通知カードを早速紛失しました(笑)

 

というか、紛失しない方が難しい。

あんな薄いカード、どこに保管すれば良いのか…

 

サイフに入れて持ち運ぶにしても、

抜け落ちたら公衆のさらし者です。

 

ということで前置きが長くなりましたが、

この記事ではマイナンバー通知カード。

これを紛失した際の再発行手続きを紹介します。

 

そこまで難しいことではないですが、

思わぬ落とし穴も潜んでいます。

【マイナンバー通知カードを紛失】再発行の手続きに潜む盲点

スポンサードリンク


マイナンバー紛失時には、

お住まいの市区町村役所で再発行の手続きをしてください。

 

マイナンバーの総合サイトにて、

通知カードの再発行方法は記載されています。

 

役所に行って紛失したことを伝え、

専用の用紙に記入して提出する。

 

※免許証などの身分証は必要です。

顔写真が乗っている身分証を持っていくのがベター。

ない場合は、別々の身分証を2枚持参して下さい。

 

後は発行まで待っていれば良いだけなのです。

庭 害虫 駆除 対策 画像

ただし、ここで大きな落とし穴が・・・

 

マイナンバー通知カードの再発行は、

「お住まいの」市区町村役所にてできます。

そう、「お住まいの」がポイントです。

 

あなたの住民票の所在地。

ここでしか再発行はできないのです。

 

つまり、住民票を移していない場合、

実家まで帰って再発行申請をしなければいけません。

 

これは意外と面倒くさい。

 

紛失したら実家まで帰って再発行手続きをする。

働いている場合は、有給とって平日に行かないと厳しいでしょう。

 

ここが大きな盲点になります。

マイナンバー通知カード再発行情報まとめ

加湿器 カビ 掃除 防止 画像

マイナンバー通知カードを紛失した。

再発行手続きはお住まいの市区町村役所で行えます。

 

ですが、「お住まいの」という文言に注意。

住民票のある市区町村のことを指します。

 

住民票を移していなければ、

想像以上に面倒くさいことになります。

 

まあ、マイナンバー通知カードを紛失しない。

これが一番なんですけどね。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【男女関係なし!】鼻くそを食べる心理と今すぐできる解決策

⇒【病気?それとも体質?】休日に寝過ぎる原因と対策

⇒【中古のスマホが効果抜群】タチの悪い二度寝すら防止する対策!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ