【絶対バレない】牛乳嫌いの子どもに喜んで飲ませる方法

こんにちは、ユウです。

今日は牛乳に注目して記事を書きます。

 

私は子供の頃から大の牛乳嫌い。

給食時にはコップを持参して、

水道水を飲んでいたくらいです。

 

家でも牛乳は飲むことなく、

親から出されても拒否し続けていました。

 

そんな私ですが、高校卒業前のある日、

母親から衝撃的な言葉をかけられました。

スポンサードリンク

「あなた、普通に牛乳飲んでるわよ」

 

あまりの衝撃に飲んでたお茶を吹き出しました。

 

牛乳はすべて断っていたはずなのに、

いったいどこに牛乳が入っていたのか…

 

現在私は社会人になり一人暮らしをしてますが、

牛乳を飲むことはありません。

 

ですが実家でまんまと騙されていた食事。

これについては今でも普通に食べています。

※最近は頑張ってグラノーラを食べる様になりました。

…もちろん、牛乳は捨てますが(笑)

 

結局のところ、牛乳を上手く食事に混ぜ込んで、

それとわからせない様にしていたのです。

 

ただ、給食でカップを持ち込んでいた私も

簡単に騙され続けていた方法。

 

牛乳嫌いで悩んでいる家庭にも

きっと役立つはずです。

この食品なら子供にバレない!

rp_471ec80c69e4ef843ea33b0da3cd48a1_s-300x199.jpg

まず定番なのはシチュー。

クリームシチューに牛乳を入れても、

ほとんどの子供は気づきません。

 

万が一「牛乳入ってる?」と聞かれても、

「市販のルーが白いから大丈夫だよ」

とはぐらかすこともできます。

 

それにシチューであれば

子供の大好きな食べ物を入れることができます。

 

牛乳の存在なんかすっかり忘れて、

美味しくシチューをたいらげていますよ。

 

実際、私の家庭では半月に1度、

シチューが出ていました。

今思うと牛乳を飲ませようとしていたんですよね(笑)

ミロやココアは狙い目!

スポンサードリンク


私が子供時代(今でも)好きだったのはミロやココア。

 

親が私の見えない所で牛乳を入れ、

私は牛乳の存在に気づかず飲み干していました。

 

子供時代はサッカーにはまっていましたし、

コーヒーもそこまで好きでなかったため、

ミロやココアにはお世話になりました。

白い液体が嫌!

12bdfb521cefe616496b94fea1b22943_s

結局のところ牛乳嫌いの子供は、

白い液体を見るのすら嫌なのです。

 

グラノーラに牛乳がかかっていれば、

その時点で拒否反応を起こすのです。

 

シチューは白い液体が見えず、

あくまでクリーム状。

ミロやココアも茶色ですよね。

 

色さえカモフラージュできれば、

どんな工夫をしても上手くいきます。

 

また、子供の目の前で牛乳を混ぜる。

これは絶対にNGです。

子供の見ていない所で混ぜるのが鉄則です。

 

牛乳は既に液体ではあるので、

野菜等をペースト状にする様な手間は省けます。

 

ほんのひと工夫するだけで、

以外と子供は騙されてくれますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ