【圧倒的成果を実証済!】一人暮らしで光熱費をハンパなく節約する

こんにちは、ユウです。

今日は一人暮らしの節約術を解説します。

 

私自身、長年一人暮らしをしていたので、

「いかに固定費を節約するか」

特に大事であるかを体感してきました。

スポンサードリンク

交際費や趣味の費用を節約すると、

毎日の生活が楽しくなくなります。

 

多少の節約は必要ですが、意識しすぎると

かえって反動が起こりやすいのです。

 

私の場合は上記の費用は意識する程度にして、

使いたいと感じたら使う様にしていました。

 

その分頑張って抑えたのが光熱費。

電気ガス水道代は節約することで、

数千円規模の違いを生み出せます。

 

それに光熱費の節約って

思っている以上に簡単に取り組め、

ストレスも少ないのが特徴です。

 

気軽にできることからも、

個人的には強くオススメしています。

 

他のサイトの情報を見ていると、

「冷蔵庫を買い替えましょう」といった

無理難題が紹介されていたりします。

 

確かにそれは事実なんですが、

冷蔵庫を買い替えるなんてすぐにはできません。

非現実的な方法とも言えますね。

 

そこでこの記事では誰でも今すぐできる方法。

これに限定してお伝えしていきます。

豆電球は消す!

スポンサードリンク


電気代を節約するための一番の方法は、

できる限り電気を使わないこと。

コマメに電気を消すことは必須ですね。

 

そして意外と電気代が高いのが豆電球。

普通の電球の1.5倍近い費用がかかることもあります。

 

部屋に豆電球が備え付けられている場合も、

できるだけ使わない様に心がけて下さい。

冷暖房を使わないで済ませる方法

一人暮らし 光熱費 節約 画像

次に電気代を上げるのがエアコン。

ほぼ1ヶ月使い続けると、

通常の2〜3倍の電気代に跳ね上がります。

 

夏は仕方ない部分もありますが、

冬であれば厚着をすれば暖房使用を抑えられます。

 

フリースやヒートテックを着たり、

靴下やスリッパを活用することで、

暖房なしで過ごせる時間を増やして下さい。

 

これを徹底するだけでも、

年間で5000円近くの節約になります。

調理方法次第でガス代は変わる!

便座 冷たい 対策 画像

ガス代の節約は調理方法。

これですべて決まります。

 

「ガス使用時間を減らす」

「ガス使用回数を減らす」

 

この2つを意識できれば、

数千円単位でガス代を節約できます。

 

例えば野菜をゆでるのも、

ガスコンロではなく電子レンジで

下茹ですれば節約になります。

 

火も通りやすくなっているので、

ガスコンロを使う時間が2倍以上短縮されます。

 

あるいは大きい鍋ではなく、

小さい鍋やフライパンを使う。

 

そこまで調理するものが多くなければ、

これは節約に効果的ですね。

加湿器 カビ 掃除 防止 画像

また、特に冬場に効果的なのが作り置き。

大きめの鍋で3日、4日分を作れば、

トータルで見た使用量は下がります。

 

「ガス使用時間を減らす」

「ガス使用回数を減らす」

この2つがキーワードですね。

意外と変わらない水道代

一人暮らし 住民票 移さない 移す 画像

次に水道代ですが、これは節約しなくても良いです。

 

以下の記事で節約について解説しているのですが、

実は水道代は節約しても数百円しか変わりません。

⇒【シャワーでも値段は変わらない!】一人暮らしで水道代を節約する

 

シャワーにしようが湯船につかろうが、

何をしても水道代は変わらないのです。

 

家族暮らしなら対策はとれますが、

一人暮らしの場合は意識しても効果はほぼないです。

 

ここまでの対策をとれれば、

月に数千円の節約は簡単にできます。

 

そこまで手間もストレスもかからないので、

まずは1つでも始めてみてくださいね!

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【長所と短所を比較】一人暮らしで住民票は移さない?移す?

⇒【学生の一人暮らし費用】仕送りなしでもやっていける方法を紹介!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ