【薬は危険】眠りが浅い原因と一瞬で熟睡してしまう方法

こんにちは、ユウです。

今日は眠りの浅さについて紹介します。

 

以前の記事で朝寝坊対策として、

中古のスマホを使用する方法を解説しました。

⇒【効果はすぐ!】朝起きれない人は中古スマホが最強の目覚ましに!

 

私自身もこれを実践した結果、

もう驚くほど目が覚める様になりました。

 

しかしその一方で悩まされたのが眠りの浅さ。

本来の起床時間の1時間前からアラームを鳴らし、

どうも熟睡できていない感覚を持ち続けたのです。

 

もちろん寝坊を防止する意味では、

大きな効果を発揮したのですが、

仕事中もだるさを感じる様になってしまいました。

眠りの浅さ対策に薬を使うのは危険!

スポンサードリンク


眠りが浅い時に頼りがちなのが薬。

睡眠導入(安定)剤を飲む人もいます。

 

ですがこれは危険。

薬の服装は絶対にオススメしません。

 

薬の力で眠りにつけるということは、

薬なしでは眠れない体質になる。

このリスクが非常に高いのです。

 

また、眠りが浅い原因は病気ではない。

薬を使用すること自体が間違っていると言えます。

浅い眠りを引き起こす原因

住民票 印鑑登録証明書 代理 家族 他人 画像

まず考えられるのが不規則な生活習慣。

睡眠時間が日によってバラバラだと、

どうしても早く目が覚めてしまうリスクがあります。

 

脳もゆっくり休むことができず、

常に興奮状態にあると言っても良いでしょう。

 

次に考えられるのがストレス。

仕事に追われている程、

仕事のことを無意識に考えてしまい、

浅い眠りを引き起こしてしまいます。

 

同様の理由でストレスも危険です。

極度の緊張状態に置かれた場合は、

眠ることすら危険だと判断します。

 

いつ敵の攻撃が来るかわからない。

戦争ではそんな状態が当たり前だったので、

眠りも必然的に浅くなったと言われています。

 

他にも眠る直前に考えごとをしていると、

睡眠時も頭が思考した状態になってしまい、

気づけば早く目が覚めてしまうリスクもあります。

今すぐできる熟睡対策

スポンサードリンク

ここまで紹介した原因を排除する。

解決策はとてもシンプルです。

 

その中でも解決策のポイントになるのが、

「早寝すること」「6時間以上寝ること」です。

 

そもそも人間は早寝の生き物。

電気が誕生する前は夜が暗いため、

7時、8時には眠りについていました。

 

文明が発達したとはいえ、

長い歴史全体で見ればまだわずか。

 

人間の睡眠のメカニズムは、

脳内にインプットされていると言えます。

 

遅くとも10時までに眠りにつけば、

必然的に熟睡できるのです。

夜 眠れない 寝られる 方法 画像

あとは6時間以上の睡眠。

これも大事ですね。

 

6時間以下の睡眠時間だと、

どうしても体に負荷をかけます。

 

負荷がかかればかかるほど、

「今は熟睡できない」と脳は判断します。

これが浅い眠りにつながるのです。

 

その他、寝る前に白湯を飲んだり、

足下を温めて寝るなどの方法もあります。

ですがそれもすべて、上記2点を満たしていればこそ。

 

早寝と6時間以上の睡眠こそ、

浅い眠りを改善します。

 

仕事の都合でそれが難しい場合は、

まずはどちらか一方だけ試して下さい。

 

どちらも難しいという場合、

まずは休日に実践して下さい。

 

少しずつでも実践に移すことで、

仕事があっても熟睡できる様になります。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ