【春夏は要注意!】毛虫に刺された時に今すぐできる安全な対処法

こんにちは、ユウです。

今日は毛虫を取り上げます。

 

春から初夏にかけて、

木々が生い茂るとともに危険なのが毛虫。

木々の上からポトリと落ちて来たり、

葉っぱの陰に隠れているケースもあります。

 

子供がいるなら学校の校庭で、

毎年必ず数十人は同じ学校内で被害に遭います。

スポンサードリンク

また、家庭菜園をやっているならば、

毛虫が発生するリスクも高まります。

私の実家でも母が家庭菜園をしており、

水やりの際に毛虫に刺されていました。

 

ただし毛虫対策をしすぎると、

木々にダメージが及ぶかもしれない。

 

完全に対策できないのが毛虫ですので、

「刺された時にどうするか」

これを第一に考えて下さい。

 

この記事では毛虫に刺された時に

誰でも今すぐできる対処法。

これをお伝えします。

かいてはいけない!

一人暮らし 住民票 移さない 移す 画像

痛い程のかゆみに襲われる。

これが毛虫に刺された時の症状です。

 

当然ながら刺された瞬間も、

ヒリヒリしたかゆみに襲われるでしょう。

 

多くの人は反射的に患部をかいてしまいます。

ですがこれは逆効果。

むしろ症状を悪化させます。

 

毛虫に刺されると、

毒を持ったトゲが刺さります。

患部をかいてしまうことで、

このトゲが皮膚の中に入り込む危険性もあります。

 

患部はかかずにそのまま対処する。

これが対処法の第一段階ですね。

トゲを取り除く!

スポンサードリンク


次にやるべきなのはトゲを取り除くこと。

 

学校で子供が被害にあった場合は、

保健室に行けば問題ないのですが、

家庭で被害にあった場合は自分でやるしかないです。

 

患部からトゲが見える場合は、

ピンセットを使って抜き取ってください。

 

医療用のピンセットがなくても、

代用できるものがあれば使用して構いません。

 

その後、水で患部を洗い流してください。

やけどしてしまった時の様に、

数分間は冷たい水を当て続けて下さい。

その後、保冷剤や氷を当て冷やして下さい。

ゴキブリホイホイ 効果 画像

厄介なのがトゲが見えない場合。

これはピンセットを使えません。

 

日本で良く見かける毛虫は、

1、ドクガ

2、ウメスカシクロバ

3、マツカレハ

4、イラガ

この4種類です。

 

3と4の毛虫については

トゲが見えやすいと言われています。

一方で1と2の毛虫については、

トゲが肉眼で見えないとも言われています。

 

トゲが肉眼では見えない場合、

セロハンテープが効果的です。

 

患部にセロハンテープを当てて、

そのまま剥がします。

これで見えないトゲも引き抜けます。

 

心配な場合はテープを新しくして、

3、4回はこの過程を繰り返して下さい。

 

また、粘着性の強いテープなら、

ガムテープや養生テープがあります。

周りの毛が抜けたりと痛いですが、

1回でトゲが抜ける可能性は上がります。

ステロイド外用剤を塗る!

加湿器 カビ 掃除 防止 画像

ステロイド外用剤と聞くと、

病院に行かないともらえないイメージですが、

実はドラッグストアでも普通に売ってます。

 

患部を冷やす所まで完了したら、

次にステロイド外用剤を塗ってください。

 

トゲを抜いた後もかゆみは残ります。

かゆみを抑えるために使うのが、

ステロイド外用剤配合の薬なのです。

 

毛虫によるかゆみは非常に強いため、

ステロイド外用剤の中でも効き目の強いものを選んで下さい。

 

薬局の店員さんに聞けば良いですが、

田邊三菱製薬の「フルコートf」がオススメ。

 

ほとんどの薬局で売られてますし、

毛虫に刺された時にもかゆみを抑えてくれます。

かゆみが治まるまで患部に薬を塗り続けて下さい。

 

ここまでの対処法をとってもらえたら、

毛虫に刺されても万全の対策が取れます。

皮膚科に行くのもありですが、

セルフで対処することも十分可能です。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ