【学生の一人暮らし費用】仕送りなしでもやっていける方法を紹介!

こんにちは、ユウです。

今日は学生の一人暮らしに注目します。

 

通う場所にもよりますが、

学生時代は親元を離れる1つのタイミング。

一人暮らしをしたいと考える人は

思っている以上に多いんです。

 

ただ、ネックになるのがお金。

全額仕送りしてもらえれば良いですが、

不景気の現代でそれは難しいでしょう。

 

家賃のみの仕送りだったり、

一切仕送りをしないケースもあります。

 

親からの援助が受けられずに、

泣く泣く実家から通う人もいるくらいです。

意外と学生はお金がかかる!

スポンサードリンク

そう、意外と学生はお金がかかります。

授業に必要なテキスト代。

1冊数千円することも普通にあります。

 

また、交際費や服を買ったりすれば、

それだけで月に数万円は飛んでいきます。

 

今回は仕送りなしのケースを取り上げますが、

「意外と固定費以外にもお金がかかる」

このことを理解していないと、後で大変なことになります。

固定費だけで月に10万円はかかる!

学生 一人暮らし 必要ない 画像

まず家賃。

都会に住むなら5万円は最低でもかかります。

むしろ5万円でも安いくらいです。

 

次に電気ガス水道等の光熱費。

これも月に1万円近くかかります。

 

携帯代も、どんなに安く抑えても、

月に4000円はかかるでしょう。

これに食費も重なってきます。

 

月に10万円はないと、

一人暮らしは無理だと言えますね。

 

ただ、勉強もしながらとなると、

バイトで稼げても月に7万円が限界。

10万円稼ごうとすると、

どうしても勉強がおろそかになります。

奨学金を借りる

スポンサードリンク


そこでオススメなのが奨学金。

一番ポピュラーなもので日本学生支援機構という団体が

奨学金を貸しています。

 

一定の条件を満たせば誰でも借りれますし、

月10万円近くを得ることだって可能です。

 

もちろんいずれは返済しなければいけませんが、

まとまったお金を得るには1つの手段です。

 

学校が始まったタイミングで募集をしているので、

機会を逃さない様にしてくださいね。

 

また、賢い学生は給付制の奨学金を狙います。

月に数万円でも、返済しなくて良いならお得です。

細かい所で節約を!

東京 一人暮らし 社会人 費用 画像

ただ、奨学金を借りたとしても、

毎月のやりくりは苦しくなります。

 

仕送りなしで一人暮らしをするには、

日々の生活から節約することが大切です。

 

たとえばネット。

家に回線を引いたりルーターと契約すれば、

その分だけお金がかかります。

 

多くの学校にはパソコン室があり、

そこで無料でパソコンを使えます。

 

あるいは無料Wifiが使える場所もあるので、

積極的に活用すれば節約も可能です。

ゴキブリ 対策 ハッカ油 画像

また食費についても学食を使わず

自炊をすれば3倍近くの節約につながります。

 

この様に、節約の仕様によっては

万単位のお金を浮かせることができます。

 

仕送りなしで一人暮らしをするなら、

奨学金の利用はもちろん、

細かい節約も検討してくださいね。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【長所と短所を比較】一人暮らしで住民票は移さない?移す?

⇒【圧倒的成果を実証済!】一人暮らしで光熱費をハンパなく節約する

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ