【社会人で東京で一人暮らし!】必要な費用と楽に節約する方法

こんにちは、ユウです。

今日は東京の一人暮らしに注目します。

 

今回は社会人に焦点を当てており、

東京で働き始めるにあたって、

どれくらいの費用が必要なのかを解説します。

 

実際に私も東京で一人暮らしをしているので、

非常にリアルな話をお伝えできます。

 

また、社会人だからこそできる、

生活費を楽に浮かせる方法も同時にお伝えします。

物件選びは重要!

スポンサードリンク

まず大事なのは物件選び。

東京の物件は総じて高めです。

5万円台で住めれば成功。

たいていは6万円台の物件が並びます。

 

会社から家賃補助が出るかどうか。

これも1つのポイントではありますが、

できる限り家賃は抑えるのが鉄則。

 

7万円も8万円もする物件を選ぶと、

固定費がかさんで苦しくなります。

 

手取りの3分の1が家賃。

これが相場です。

会社へのアクセスも考えた上で、

5万円〜6万円代の物件を見つけて下さい。

 

個人的には、千葉や埼玉、神奈川など、

他県に近い東京エリアは狙い目です。

 

家賃も安めになっていますし、

電車を使えば案外簡単に都心部に出られます。

実際、今の私も千葉の県境に住んでますが、

電車で20分あれば東京駅まで出て来れます。

その他固定費は5万円以内が理想!

スポンサードリンク


電気ガス水道等等の光熱費。

これは季節にもよりますが1万円以内が目安です。

毎月の平均で1万円を超えていなければ良しとしてください。

 

また、ネット回線と携帯代で1万円。

食費と生活費で3万円は最低でも見積もって下さい。

こうして考えると、家賃以外に最低5万円はかかるということです。

 

もし5万円の物件に住んだとしたら、

毎月の生活費は合計で10万円になる計算ですね。

学生 一人暮らし 費用 仕送りなし 画像

ただ、友達や恋人との交際費や

服や家具を買ったりといった雑費。

これらも当然ながらかかってきます。

 

間違いなくかかるのが飲み会。

職場にも寄りますが、飲み会をすればお金は飛びます。

これは避けようがないですからね。

貯金するには、「10万円を切り崩せ!」

台所 シンク ぬめり 画像

とはいえ、毎月貯金だってしたいでしょう。

結婚資金や家を買う資金など、貯金して損はありません。

 

社会人とはいえ、使い過ぎればお金は減ります。

働いているのに、意外とお金が貯まらない。

こんな悩みを持つ人は結構多いんです。

 

もちろん、散財を防ぐことで

お金は貯まっていきます。

ですが節約ばかりでは毎日がつまらない。

たまには楽しみに使うのも良いでしょう。

 

そこで私がオススメするのが、

必要経費の10万円を切り崩すこと。

 

10万円かかる固定費を抑えることで、

その分だけ貯金に回せるのです。

実は工夫次第で節約できる!

加湿器 カビ 掃除 防止 画像

例えば携帯代。

SNSを使えば無料で通話もできますし、

メールもそこまで必要ないでしょう。

 

私は現在格安スマホを使っていますが、

これだけでも月に5000円は浮いています。

 

そこまでストレス無く節約できるので、

携帯のプラン・機種変更はオススメですね。

 

あるいは食費。

お昼にお弁当を作るだけで、昼食代が浮きます。

毎日は難しくても週に何回かやるだけで

1ヶ月で数千円の節約につながります。

 

食費にしてもスーパーではなく、

近所の八百屋を見つければ破格で買えます。

東京 一人暮らし 社会人 費用 画像

この様に、楽しみながら節約することで、

月に数万円程度なら簡単に浮かせられます。

 

社会人とはいえ、お金には限りがあります。

一人暮らしをするからこそ、

サイフの管理に注意を払って下さいね。

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【長所と短所を比較】一人暮らしで住民票は移さない?移す?

⇒【圧倒的成果を実証済!】一人暮らしで光熱費をハンパなく節約する

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ