【羽アリは白か黒か!?】玄関や床下に大量発生する原因は?

こんにちは、ユウです。

今日は羽アリについて取り上げます。

 

「羽の生えたアリが家の周りに…」

羽アリは4月〜11月に飛び回るので、

一度は見たことがあるかもしれません。

 

玄関や床下など、

それこそ大量発生しています。

 

この光景だけでも気持ち悪いのですが、

ほっとくと大変なことになります。

白アリ被害が拡大する可能性も!

スポンサードリンク

実は羽アリは白アリの1種。

巣から飛び立ち、新たなすみかを探しに、

偶然あなたの家に立ち寄ったのです。

 

シロアリは木材が大好物。

木造住宅は格好のターゲットなのです。

 

私の親戚も6月下旬のある日に、

床下を見たら大量の羽アリが群がり、

言葉を失ったとのことです。

 

羽アリが大量発生している場合、

考えられる可能性は次の2つです。

シロアリ 駆除薬 業者 相場 効果 画像

1、新たなすみかにしようとしている

 

羽アリがそこに定住し、

新たに定住していく場合です。

 

この場合はそれまで被害がなく、

今回見た羽アリが定住することで、

新たに被害が発生することが考えられます。

 

裏を返せば羽アリを駆除してしまえば、

被害はほぼ最小限に食い止められます。

スポンサードリンク


2、既に別の白アリが住んでいる

 

羽アリが群がったということは、

あなたの家が絶好のすみかだからです。

 

既に別のシロアリが住み着いており、

仲間を呼び寄せたケースもあります。

 

この場合は既にシロアリ被害が進行し、

羽アリの駆除だけでは手に負えません。

 

市販の対策グッズを使用したり、

業者に頼むことをオススメします。

実は黒アリのケースも!

ゴキブリ 対策 ハッカ油 画像

さて、羽アリを見つけたからといって、

必ず白アリであるとは限りません。

 

子供の頃から公園でよく見かけた

黒いアリにも羽アリが存在します。

 

黒アリの羽アリの活動時期も

4月〜11月頃とほぼ同じ。

 

どちらの羽アリか、

非常に見分けがつきにくいのです。

 

ただし、黒アリの羽アリ。

彼らが大量に群がっていても、

被害の心配はありません。

 

むしろ黒アリはシロアリが大好物。

シロアリを食べてくれる効果もあり、

そのまま放置しても大丈夫です。

※気持ち悪いでしょうが…

見分けるのは素人には困難!

ゴキブリホイホイ デメリット 画像

では、羽アリの種類をどう見分けるか。

これはプロでないと相当難しいです。

 

触覚の形やお腹のくぼみ等、

見分けるポイントはいくつかりますが、

どれも注視しないとわかりません。

 

一番手っ取り早いのは、

業者を呼んで調査してもらうことです。

 

実際に駆除する場合はお金がかかりますが、

調査だけなら無料で行う業者も多いです。

 

羽アリの種類さえ見分けてもらえば、

その後の対策も正確に行えます。

 

無料で業者を活用できるなら、

これに越したことはありません。

一番怖いのはプロの意見を聞かずに、

シロアリ被害が拡大することですからね。

 

★シロアリ対策ならこちらの記事もオススメ★

⇒羽アリがいたら危険信号!駆除しないと白アリ被害が拡大する!

⇒自己流は危険!シロアリ駆除薬から業者まで相場と効果を徹底比較!

⇒家を建てた人必見!新築のシロアリ対策を解説!無策だと数年後は…

⇒意外と知らない真実!バルサンでのシロアリ対策に効果はあるのか?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ