【ブラシを使わないトイレ掃除の仕方を解説!】十分ピカピカになる

こんにちは、ユウです。

今日はトイレ掃除についてです。

 

トイレ掃除は定期的にやらないと、

黄ばみやカビが発生します。

 

一度こびりついてしまうと、

最悪とれなくなってしまうこともあります。

スポンサードリンク

理想は汚れがつかないことですが、

ついたら即座に掃除することですね。

 

私自身、掃除にはブラシを使っていました。

市販のブラシに洗剤をつけてゴシゴシ。

これでたいていの汚れはとれます。

 

ただ、ブラシを買うと管理が面倒。

毎日掃除するわけでもないでしすし、

決してきれいなものではありません。

 

トイレ内に置き場を作るのも、

来客時には何だか見栄えが悪いですよね。

 

「ブラシを使わない方法はないか」

私自身、方法を試行錯誤しました。

 

その結果、ブラシなしでも十分に

汚れが落とせる方法を見つけました!

ブラシがなくてもキレイになる!

スポンサードリンク

まず1つ目の方法は、

捨てる布製品で磨くことです。

 

ぞうきんや服、タオルでも良い。

洗剤をつけてゴシゴシ磨くだけで、

ブラシ以上に汚れは落ちます。

 

どうせ捨てるものだったわけですし、

1度使って捨てれば後くされもない。

これはオススメの方法です。

便器 黄ばみ 掃除 画像

ただし、ブラシとは異なり

トイレに顔が近づくので、

衛生的に無理という人はNGでしょう。

 

布をトングの様なものでつかむのも手ですが、

それだとブラシとあまり変わりません。

 

使い捨てできる点がメリットなので、

このやり方でも十分できるという人には

特にオススメします。

洗剤をそのままかける

ゴキブリ 対策 ハッカ油 画像

次は洗剤をそのままかける方法。

 

洗剤をかけて水を流すだけでも、

それなりにキレイになります。

 

ただし、トイレの水を流すだけでは、

汚れが落ちないどころか

洗剤がこびりつく可能性もあります。

 

そこでオススメなのがシャワー。

 

シャワーを洗剤に当てることで、

自然と泡立ち汚れも落ちます。

水圧もそれなりには強いでしょうからね。

 

この方法は布を使うよりも顔は遠いですし、

抵抗なくやれると思います。

 

ネックとしては、シャワーの設置場所。

 

お風呂のシャワーが届けば良いのですが、

難しい場合は洗面団等から延長ホースで

シャワーをつなぐ必要があります。

 

そこまでの負担ではないですし、

ホームセンターに行けば売ってます。

 

また、シャワーを当てている時に

水圧で周りに水が飛び散るかもしれません。

 

事前にものをどけて行い、

終わったらぞうきんで軽くふくことは必要です。

トイレ 黄ばみ とれない ハイター 画像

ここまで紹介した方法を使えば、

ブラシいらずでトイレ掃除ができます。

 

私自身は両方ともに試してみて、

一定以上の効果を上げています。

 

どうしてもブラシを使いたくない場合は、

ぜひ試してみて下さい!

 

★こちらの記事もオススメ★

⇒【長所と短所を比較】一人暮らしで住民票は移さない?移す?

⇒冬に対策すれば1年中ゴキブリを見なくなりますよ…?

⇒便器を破壊するかも】トイレ詰まりのラバーカップの正しい使い方

⇒【驚愕の電気代!】エアコンと暖房をつけっぱなしにしてみた結果

⇒WiMAXのwifiがつながらない!原因と意外な解決策を3分で解説

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ