退去費用に注意!初期費用がいらない敷金礼金ゼロ物件のデメリット

こんにちは、ユウです。

今日は新たな住宅に住む際に

気になる情報を解説します。

 

学生生活や社会人、引っ越し等、

新たに物件を借りることは

生きていれば1度はあるでしょう。

スポンサードリンク

実際は「アパマ●ショップ」などの

不動産仲介会社を通して物件を借りますが、

いざお店で説明を受けても意外とわからない。

 

対応が不親切ではないのですが、

見慣れない用語が飛び交い

会話についていけないのです。

 

そんな中でつい注目してしまうのが家賃

家賃や敷金礼金と言った費用に目がいきます。

 

中でも今回取り上げるのは

「敷金礼金ゼロ物件」

 

ここには思わぬ落とし穴があるのです。

初期費用はゼロだけど退去費用に注意!

de96a3421556400001ad9a440087562c_s

物件を借りる際には家賃の他に、

敷金と礼金を払わないといけません。

 

敷金●ヶ月分

礼金●ヶ月分

 

と、物件情報に合わせて記載されています。

 

普通の物件ならそれぞれ1ヶ月分でしょうが、

たまに「0.5ヶ月分」等も目にします。

 

極めつけは「敷金礼金0」という記載。

 

これだけで10万円近くの初期費用が浮くので、

「穴場物件を見つけた!」とおおはしゃぎする

気持ちもわかります。

 

ですがこれ、意外と危険なんです。

敷金0のデメリットは退去費用にアリ!

スポンサードリンク


これを解説する上では、

まず敷金の性質を知る必要があります。

 

あなたが物件の一部を破損した場合、

修繕費に敷金が当てられます。

 

事前に10万円払っておいて、

破損で5万円請求される場合、

敷金の中から差し引いてくれるのです。

 

また、引っ越す時に余っていた敷金は

返してもらえることがほとんどです。

 

「一時預かり金」の様なものだと

考えて下さい。

 

敷金を払わないということは、

退去費用がかさむということです。

 

壁のシミや床のへこみ等、

物件内の破損が見つかれば、

退去時に請求されることになります。

 

確かに初期費用はいらないものの、

退去費用が多くかかるのです。

礼金0のデメリット

ゴキブリホイホイ 効果 画像

次に礼金ですが、これは文字のごとく、

「物件を貸してくれてありがとう」と

お礼の気持ちを現すお金です。

 

礼金0物件が意外と見ますし、

家賃が毎月大家さんに入るので、

礼金はなくても良いと考える場合もあります。

 

ですが礼金0物件は「いわくつき」

このケースが多いんです。

 

例えば騒音被害が大きかったり、

隣人の素行が良くなかったり、

過去に事件が起こっていたり、

 

何かしらの理由があるからこそ、

礼金が0になっているのです。

不人気物件の裏返し!?

ゴキブリホイホイ 置く場所 画像

敷金礼金ゼロの物件は裏を返せば、

それくらいしないと人がやって来ない

物件とも言えるのです。

 

表面的な安さで釣っている。

もちろんすべてではないですが、

この可能性が非常に高いでしょう。

 

初期費用の安さに目を奪われ、

不快な暮らしを自ら選ぶ。

退去時の費用がかさむ。

 

敷金礼金ゼロ物件を選ぶ際には、

特に慎重になった方が良いでしょう。

スポンサードリンク

★一緒に読みたい記事はこちら★

⇒WiMAXのwifiがつながらない!原因と意外な解決策を3分で解説!

⇒放置すればゴキブリが消える!ハッカ油の対策をオススメする理由

⇒最強のゴキブリ退治マニュアルを伝授!Yes,We can!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ